日本人に多い腰痛の悩み

日本人で最も多い症状は腰痛

日本人はいろんな病気の中で腰痛が一番多く実に国民の8割以上が何らかの腰痛を経験していると言われています。一口に腰痛といっても痛みや原因によって対処法は多岐に渡るものです。画像診断に異常が認められなければ腰痛は病気として診断されることはなく仕事も休めないため、多くの人達はそのまま放置して痛みを我慢するか、医療機関を転々としているのが現実です。人によっては腰痛が癌などの他の病気から来ていることもあるので、放置せずに原因を早く特定しましょう。

腰痛はだいたい次の3つのタイプに分けられます。一つ目は、椎間板ヘルニアに代表される腰の骨と骨の間でクッションの役割を果たしている椎間板の不具合によるものです。二つ目は、椎間間接と呼ばれる腰の関節や腰部の骨または軟骨がすり減る事で起きるもので、代表例は椎間関節症です。三つ目は、年齢とともに脊椎に異常が起きる事で腰痛になる脊柱管狭窄症といった病気です。

効果的な治療を行うポイントとしては、その人それぞれに応じた原因の究明を進める事が大前提となります。また、症状によっては無理な体操や運動をする事で腰痛が治らなくなったり、いつまでも痛みが続く事があります。特に椎間板ヘルニアの場合は、緊急処置が必要な場合を除いて保存的治療が治療の大原則です。私自身、初めて椎間板ヘルニアになった時、一か月病院のベッドでただひたすら横になっているだけで自然治癒しました。椎間板ヘルニアに関して運動療法に効果のない事は整形外科学会でも発表されている事なのです。

人類にとって腰痛は二足歩行を始めて以来、宿命の病気と言えます。本格的な高齢化社会が到来する中、様々な腰痛に悩まされている人達は増える一方です。若いからといって油断しているとある日突然腰痛に襲われる事がありますから、日頃から正しい姿勢を保つなど日常生活に十分注意しましょう。