日本人に多い腰痛の悩み

HOME >>  腰痛について > 腰痛の予防

腰痛の予防

私たち人間が二足で歩いている以上、どうしても腰痛になるリスクは避けられません。
この腰痛ですが、一度発症すると癖になってしまうことが多く長く付き合っていくことになってしまいます。

人によって症状の重さは様々です。少し腰に違和感や軽い痛みを感じる程度の人からから起き上がれなくなる程の痛みを感じる人までいます。私の場合は中学生の時に初めて腰痛になったのですが起き上がれなくなるほどの痛みでうずくまってしまいました。
数日おとなしくしていると痛みも和らぎ運動をしてみたのですがその時は特に痛みもなく治ったと思っていました。しかし、体に疲れが溜まってくると違和感に始まり動けなくなるほどの激痛に襲われました。

色々な病院に行ってみたのですがこれといった原因もわからず痛みがひいても疲れが溜まると激痛が走るという日々の繰り返しでした。
そのため思うような練習もできず体育の授業も思ったように受けられません。このままでは困ると思い整体院に行ってみる事にしたのです。整体院で体のバランスが悪いので負荷が偏り腰痛になると言われ何度か治療をしてもらうと症状も改善され再び運動のできる体を手に入れる事ができたのです。

それでも冬場など冷え込む時期はどうしても腰の違和感はとれず、整体院に行かなくなり高校生活を送っていると案の定、腰の痛みが顔を出しました。高校野球の激しい練習に腰が耐え切れずに悲鳴をあげたのです。
この辺りから腰痛について勉強し始め、予防法を考えるようになりました。この時の腰痛で野球部は辞めてしまったのですがやはり体の疲労が抜けると腰の痛みも和らぎます。

腰痛を予防するには疲れにくい体を作ることがよいでしょう。その為には、柔軟性が必要です。体が硬いと筋肉に余計なストレスを与えてしまい、腰痛の要因になってしまいます。
また、姿勢にも注意してください。左右どちらかに重心がかたよる立ち方、座り方が癖になっているとバランスが崩れそこから身体の歪みを生み腰痛を引き起こします。

腰の痛みの要因は腰だけではなく、脚から上半身まで色々なところの歪みが原因となり起こります。すぐにでもできる予防法として、溜まった疲労を取り除く為や体を柔らかくする為にストレッチをしたり、日頃の姿勢に注意して生活していくことで腰痛のリスクを減らすことができるはずです。

それでも発症してしまい、病院に行っても原因がわからなかった場合は一度整体院を試してみてください。自分に合う整体師に出会うことができれば症状をかなり軽減してくれるでしょう。